すたっと京都の方針(会則)

すたっと京都の方針(会則)

1 名称と目的
私たちは「セルフヘルプ・グループ すたっと京都」です。主に京都府下を活動場所とする吃音者のセルフヘルプ・グループとして、吃音者ならびに吃音に関心のあるものが吃音問題の理解・啓発、吃音症状の改善・受容に取り組むことを目的とします。

2 具体的な活動
私たちは定期的に例会を開き吃音問題に取り組むとともに、日常的にはインターネットで会員相互の交流を図ります。会報に代わる事業としてホームページを利用し、その他に会の目的を達成するために必要な事業を行います。

3 会員資格
会の目的に賛同し、会が入会を認め、定められた会費を納入した方は会員として活動できます。会員は任意に退会することができます。また、会員が会の目的に反する行為をした場合は、世話人の会合および総会の決定において強制退会となります。

4 世話人
セルフヘルプ・グループの理念に基づき、会の運営は全会員の責任により行われますが、円滑な会運営のために世話人(会の代表および数名の事業担当)を設置します。任期は1年とし、年度末に事業報告を行います。世話人はメーリングリストでの話し合いおよび会合で運営上の決定をし、定期的に会員に内容を報告します。

5 総会
1年に1度の通常総会、重要決定事項がある場合に臨時総会を開催します。当日出席者から選出された議長のもと、事業報告ならびに事業計画、世話人の選任、会の解散などを話し合います。重要議案は多数決によります。

6 会計
会の会計は、会費および例会参加費、寄付によります。世話人として会計担当を置き、総会で収支報告ならびに会計監査が行われます。

7 活動指針
会員は吃音者が安心して活動できる場作りに努力します。別記の例会運営方針に基づいて例会は行われ、会員ひとりひとりが上下の区別なくお互いを尊重し、具体的解決の伴わない批判はこれを排除します。

以上


2006年11月19日設立総会で確認

by 事務局 at 2006/09/24 | グループ紹介:会の方針(会則)